近世から近代(大正)の歴史年表 
 
 索引  元亀  天正  文禄 慶長  元和  寛永  正保  慶安   承応  明歴 万治  寛文  延宝  天和  貞享   元禄  宝永 正徳  享保   元文 寛保 
延享   寛延 宝暦   明和  安永  天明  寛政  享和  文化  文政  天保  弘化  嘉永  安政  万延  文久  元治  慶応  明治  大正  昭和  平成
昭和へ             古代〜中世へ                    
年号 干支 西暦 石黒・高柳・柏崎の主な出来事 歴史的背景 参考資料・古文書等

元亀 4
(げんき)

天正 1

癸酉

1573

7.28-

 

 

 

 

 

 

〃  2

甲戌

1574

 

 

 

〃  3

乙亥

1575

 

長篠合戦

 

〃  4

丙子

1576

 

 

 

〃  5

丁丑

1577

 

 

 

〃  6

戊寅

1578

 

・上杉謙信死去

・上杉景勝、春日山城実城に入り、景虎と争う(御館の乱始まる)

・景虎、春日山城を出て上杉憲政の御館城に拠る

・武田勝頼、景勝と景虎の和議の斡旋をするも和議は破たん

・北条氏照、越後に侵入景勝方の坂戸城を攻める

 

〃  7

己卯

1579

 

・上杉憲政殺され、景虎、鮫ケ尾城に逃れた後自害す

 

〃  8

庚辰

1580

 

 

〃  9

辛巳

1581

 

・直江信綱、春日城中で刺殺される。景勝、樋口兼継に直江家を継がせる

 

〃  10

壬午

1582

 

・本能寺の変、信長死去

・秀吉の検地始まる(太閤検地→石高帳作成)

・景勝、北信4郡を領す

 

   11

癸未

1583

 

・羽柴秀吉、景勝に誓書を送る

 

   12

甲申

1584

 

・景勝、秀吉に人質を送る

・景勝、秀吉と呼応し、越中の佐々成政を攻める

 

   13

乙酉

1585

 

 

 

   14

丙戌

1586

 

・景勝、上洛し大阪城で秀吉に閲し、従四位下左近衛少将に任ぜられる

・景勝、佐渡国仕置を命ぜられる

 

   15

丁亥

1587

 

・景勝、新発田城をおとしいれ、新発田重家を斬る

 

   16

戊子

1588

 

・景勝、再度上洛し、参議・中将・従三位に任ぜられる

 

   17

己丑

1589

 

・景勝、秀吉の北条氏討伐に参加、関東出兵       

・景勝、佐渡国の本間氏を討伐し平定する

 

   18

庚寅

1590

 

・秀吉全国統一

・秀吉、景勝と大谷吉継を羽前大宝寺氏領、並びに庄内3郡の検地奉行とする

・出羽の仙北・秋田・由利・庄内などの一揆蜂起、景勝、前田利家・最上義光らとともにこれを平定する

 

   19

辛卯

1591

 

・景勝、秀吉の命により分国中に京枡(一升十合)を用いることを命ず

 

(〃  20)

文禄 1

壬辰

1592

12.8-

 

・景勝、朝鮮出陣のため越後を発し朝鮮釜山に上陸

・景勝、佐渡国の検地をおこなう

 

 

 

 

〃  2

癸巳

1593

 

 

 

〃  3 

甲午

1594

 

・景勝、伏見城外堀普請を命ぜられる

 

〃  4

乙未

1595

 

・秀吉の越後検地

 

〃  5

慶長
 1 

丙申

1596

10.27-

 

 

 

 

 

 

〃  2

丁酉

1597

 

 

 

〃  3

戊戌

1598

・黒姫山鵜川神社造られる


・石田三成、藤井堰の掟を下す

・景勝、越後より会津120万石に移封

・秀吉、堀秀治を越前北庄より春日山に移封  

・秀吉死去

 

 

〃  4

己亥

1599

 

 

 

〃  5

庚子

1600

 

・関ヶ原の戦い 

・堀秀治、家康の命により景勝を討たんとして津川口より会津へ進撃

・景勝軍越後に侵入、越後の旧臣等はこれに応じて一揆を起こす(越後一揆)が堀秀治これを平定する
・一揆により米山寺の堂宇破壊される

・この年、相川金山開発

 

〃  6

辛丑

1601

 

・佐渡、徳川氏の直轄領となる

 

〃  7

壬寅

1602

 

 

 

〃  8

癸卯

1603
(家康)

 

・家康征夷大将軍となる

 

〃  9

甲辰

1604

 

 

 

〃  10

乙巳

1605
(秀忠)

 

 

 

   11

丙午

1606

 

・堀秀治死去 嗣子忠俊(11)で跡を継ぐ 

・堀直竒、長岡城を築く

 

   12

丁未

1607

 

・堀忠俊、春日城を廃し福島城を築いて移る 

 

   13

戊申

1608

 

・堀家執政堀直政死去

 

   14

己酉

1609

 

 

 

   15

庚戌

1610

 

・堀直清と堀直竒の執政職争いで、堀忠俊、所領を没収され岩代に流される、堀直竒は飯山へ移封

・信州松代城主松平忠輝を福島城へ移封

 

   16

辛亥

1611

 

 

 

   17

壬子

1612

 

 

 

   18

癸丑

1613

 

 

 

   19

甲寅

1614

 

・高田城完成、忠輝移る

・高田藩領に大地震、津波による死者多数

 

〃  20

元和 1

(げんな)

乙卯

1615

7.31-

 

・大阪夏の陣、豊臣氏滅亡 一国一城令

 

 

・家康、忠輝の乱行を怒り、武蔵深谷に蟄居を命じ伊勢朝熊に配流

 

〃  2

丙辰

1616

山中、岡野町、高尾、石黒、牧野忠成領となる

松平忠輝改易後、酒井家次 高田城主となる

牧野忠成 頸城郡長峰(吉川町)城主となる 

・信州飯山城主堀直竒、長岡に移る

・伊勢崎城主稲垣重綱を刈羽郡藤井2万石に、矢橋城主市橋長勝を三条41300石に移封

 

〃  3

丁巳

1617

 

 

 

〃  4

戌午

1618

・酒井家次死去

松平忠昌 高田城主となる

 

〃  5

己未

1619

 

・堀直竒、三面川筋村々に制札を立てて鮭の稚魚を保護する

 

〃  6

庚申

1620

 

・堀直竒、南蒲原郡大谷地村孫左衛門に紙漉きを命ずる

 

〃  7

辛酉

1621

 

 

 

〃  8

壬戌

1622

 

 

 

〃  9

癸亥

1623
(家光)

 

 

 

〃  10

寛永

1

甲子

1624

2.30-

 

 

 

高柳全村・石黒全村が、高田藩松平光長領となる

松平忠昌、越前福井に移封され、松平光長高田城主となる

 

〃  2

乙丑

1625

  

〃  3

丙寅

1626

 

 

 

〃  4

丁卯

1627

 

 

 

〃  5

戊辰

1628

・村山与三治、松之山浦田口より岡野町に移住

 

 

〃  6

己巳

1629

 

 

 

〃  7

庚午

1630

 

 

 

〃  8

辛未

1631

 

・尼瀬港の普請が完成し、出雲崎から尼瀬に政治経済の中心が移る

 

〃  9

壬申

1632

 

 

 

〃  10

癸酉

1633

 

・椎谷藩主堀直之を上総苅谷へ移す

 

   11

甲戌

1634

 

・長岡城主牧野忠成の次男武成を与板1万石に、4男定成を三根山6千石に分封

 

   12

乙亥

1635

 

 

 

   13

丙子

1636

 

 

 

   14

乙丑

1637

 

・島原の乱(38) 

・佐渡相川でもキリシタン約100人が処刑される

 

   15

戊寅

1638

 

 

 

   16

己卯

1639

 

・キリスト教厳禁

 

   17

庚辰

1640

 

・堀直竒死去、直定跡を継ぐ、幕府、加増して13万石とし、次男直時に3万石を分与し安田藩を立藩

 

   18

辛巳

1641

 

 

 

〃  19

壬午

1642

 

 

   20

癸未

1643

 

・田畑永代売買の禁令

・幕府、長岡藩に命じて新潟河口洲崎に番所を置きキリシタン渡来を監視させる

 

〃  21

正保

1

(しょうほう)

甲申

1644





12.16-

 ・藤井堰の西江東江の分水掘割工事着工

 


 藤井堰修復の廻文
(文書年代は後世)


鎧堰

 

 

 

〃  2

乙酉

1645

 

・蒲原郡如法寺村で石油を発見

 

〃  3

丙戌

1646

 

 

 

〃  4

丁亥

1647

 

 

 

〃  5

慶安

 1

戊子

1648

2.15-

 

 

 

 

 

 

〃  2

己丑

1649

 

・慶安触書布達

 

〃  3

庚寅

1650

 

 

 

〃  4

辛卯

1651
(家綱)

 

 

 

〃  5

承応 1

壬辰

1652

9.18-

 

 

 

 

 

 

〃  2

癸巳

1653

 

 ・佐藤が池開拓始まる

 

〃  3

甲午

1654

・藤井堰の西江東江の分水掘割工事完成 

 

 

〃  4

明歴
 1

(めいれき)

乙未

1655

4.13-

・高蛯フうち所々新田検地する

 

 

 

 

 

〃  2

丙申

1656

 

・新潟地方の米を西回りで大阪に運送することが始まる

 

〃  3

丁酉

1657

 

 

〃  4

万治
 1

(まんじ)

戊戌

1658

4.25-

 

・高田藩、五人組掟17条を触れる

 

 

 

 

〃  2

己亥

1659

 

 

 

〃  3

庚子

1660

 

 

 

4

寛文 1

辛丑

1661

4.25-

 

 

〃  2

壬寅

1662

 

 

 

〃  3

癸卯

1663

 

 

 

〃  4

甲辰

1664

・門出寄合、石黒寄合、入会地について話し合う

(後に山論争に発展)

 

 

〃  5

乙巳

1665

 

 ・高田で1丈4尺(424p)の積雪の記録あり。

・高田地震、高田城も城下町も壊滅し死者多数。

 

〃  6

丙午

1666

 

 

 

〃  7

丁未

1667

 

・堀正俊、越後縮を始める

・柏崎の下町(現在の西本町)に馬市がたつ。 

 

〃  8

戊申

1668

 

 

 

〃  9

己申

1669

 

 

 

〃  10

庚戌

1670

 

 

・ 恐れながら書付けを以て御訴訟(以下破損のため不明)


恐れ乍ら返答書を以て申し上げ奉り候

   11

辛亥

1671

 

 

 

   12

壬子

1672

 

 

 

   13

延宝  1

癸丑

1673

9.21-

・村山善兵衛正信庄屋役を買収し岡野町庄屋となる

・分地制限令(農民の零細化を防ぐ)

・延宝の凶作飢饉(3)

 

 

 

 

〃  2 

甲寅

1674

 

・松平光長の臣小栗美作守正矩、中江用水を掘る

 

〃  3

乙卯

1675

 

 

 

〃  4

丙辰

1676

 

 

〃  5

丁巳

1677

 

 

 

〃  6

戊午

1678

 

 

 

〃  7

壬戌

1679

 

・高田藩御家騒動(越後騒動)起こる(1681) 

 

〃  8

庚申

1680
(綱吉)

・坪野広済寺、土砂崩れにより埋没

 

 

〃  9

天和 1

辛酉

1681

9.29-

越後騒動により高田藩改易となり幕領となる。これに依り、高柳村・石黒村共に幕領となる

松平光長改易(越後騒動の判決による)高田は幕領となる。

 

 

 

 

〃  2

壬戌

1682

・門出寄合側、石黒寄合入会山七カ所がおろし山であることの申し入れを行う

・キリシタン禁止の高札下付

・天和検地

 天和検地資料

〃  3

癸亥

1683




権四郎(百姓代?)

・高田藩領の検地行われる

・天和検地帳作成

天和三年検地、刈羽郡は津軽家の受持にて竿大将は大道寺隼人なりしが、此の石黒板畠は真田信濃守の受持にて竿大将は木村縫右ェ門なり 案内人は板畠の中村治兵ヱと田邊  (壽平の先(祖?))なり」 と柏崎文庫に記載あり。

 

 刈羽郡石黒村検地帳
(青苧畑)



越後国刈羽郡石黒村御検地水帳



〃  4

貞享 1

甲子

1684

2.21-

・天和検地名寄帳作成

 

 

)

 

 

〃  2

己巳

1685

・栃ケ原村に天和1〜享和2の年貢納入控がある。同村は村高123石184(内田方3962合、畑方8034)である。田方5石以上の損引についての記録する

・生類憐みの令 (1709) 

稲葉正通、高田城主(103000)となる

 

〃  3

丙寅

1686

栃ケ原村は幕領、その他高柳郷(石黒村を含む)全村が高田領となる

・黒姫山麓入会について岡野町・岡田論争する

・栃ケ原村の庄屋と惣百姓が年貢米について出入りに及ぶ

・黒姫山鵜川神社建替える

 

 

〃  4

丁卯

1687

 

 

 

〃  5

元禄 1

戊辰

1688

9.30-

・餅粮・阿相島、折居村に合併 

 

 

 

 

 

〃  2

己巳

1689

・男山七ッ釜地内で高尾村と漆島村出入りに及ぶ   

・松尾芭蕉、出雲崎から柏崎を経て鉢崎に宿る

 

〃  3

庚午

1690

 

 

 五人組仕置き帳(作成年は不明)

〃  4

辛未

1691

 

 

 

〃  5

壬申

1692

 

 

 

〃  6

癸酉

1693

 

 

〃  7

甲戌

1694

 

 

 

〃  8

乙亥

1695

 

 

〃  9

丙子

1696

 

 

 

〃  10

丁丑

1697

 

 

 

〃  11

戊寅

1698

 

・上総八幡の堀直宥、椎谷(1万石)に移される

 

〃  12

己卯

1699

・石黒村、宗門人別五人組帳を作る

 

 

〃  13

庚辰

1700

 

 宮川四郎兵衛、上条郷の新田開発を開始

 

   14

辛巳

1701

 

戸田忠真、高田城主となる(稲葉正通は下総佐倉へ)

・石黒村切支丹人別・家別・五人組御改下帳 

   15

壬午

1702

・与板城主牧野康重を信州小諸へ移し跡地を幕領とする

 

   16

癸未

1703

 

・柏崎陣屋島町に移る

 

   17

宝永  1

甲申

1704

3.13-

 ・野田の宮川新田の開拓完了

 

 

 

 

 

〃  2

乙酉

1705

・地蔵峠のお地蔵さん建立

・遠州掛川藩主井伊直朝の養子直矩に与板2万石を与える

 

〃  3

丙戌

1706

 

 

 

〃  4

丁亥

1707

・西照寺再建(現在の本堂)

 

西照寺-撮影20140426

〃  5

戊子

1708

 

 

〃  6

己丑

1709
(家宣)

 

・旗本安藤氏春日陣屋をおく(5千石)

 

〃  7

庚寅

1710

岡野町、高尾、門出、栃ケ原、山中、石黒は幕領。岡田、漆島、荻ノ島は高田藩領

桑名城主松平定重、高田城主となる(戸田忠真は宇都宮へ)

 

〃  8

正徳 
1

(しょうとく)

辛卯

1711

4.25-

・綾子舞の伝来(推測) 

 

 

 

 

 

〃  2

壬辰

1712

 

 

 

〃  3

癸巳

1713
(家継)

 

 

 

〃  4

1714

 

 

 

〃  5

乙未

1715

 

 

 

〃  6

享保
1

丙申

1716

6.22-

(吉宗)

 

・徳川吉宗 享保の改革(1745)

・佐渡相川に目安箱が設けられる

 

 

 

  ・丑暮二年季より売渡申す稗田証文の事

〃  2

丁酉

1717

 

 

 

〃  3

戊戌

1718

・岡野町村・高尾村惣百姓と岡野町村庄屋と年貢について論争

 

 

〃  4

己亥

1719

 

・与茂七火事、新発田830余戸を焼失

 

〃  5

庚子

1720



喜太夫

・岡野町村庄屋藤右衛門と村方との論争、長百姓5人にて庄屋役を代行。広済寺、西照寺、大光寺(水上村)の仲裁にて内済和睦

・宮川四郎兵衛の指揮下、中ノ坪用水完成と 開田(石黒側より取水)開発石高40石余 

 

・ 証文の御事  宮川堰 寄合〜門出

〃  6

辛丑

1721

 

・人口調査開始

 

〃  7

壬寅

1722

 

・頸城郡150カ村の農民、質地取戻しのため騒動

・上げ米令 年貢が検見法→定免法

 

〃  8

癸卯

1723

 

 

・請山略絵図 享保8年 門出村と石黒村との入会地争

〃  9

甲辰

1724

岡野町、高尾、門出、栃ケ原、山中、石黒の幕領を牧野長岡藩預とする。他村は松平高田藩領

・幕府、越後の幕領33万石余を高田・長岡・新発田・会津・館林の諸藩に預ける

 

〃  10

乙巳

1725

 

 

 

   11

丙午

1726

新田検地条目32ケ条が出される
※これにより、享保以前の検地を古検、享保以後のそれを新検と呼んだ。且つ又、元禄以前に検地した耕地を本田畑、元禄以後、
享保以前に検地した新田を古新田と呼び享保以後の新田と区別した。 


 

・江戸橋本町の竹前小八郎、幕府に紫雲寺潟開発許可申請を提出

 

   12

丁未

1727

 

 

 

   13

戊申

1728

 

 

 

   14

己酉

1729

 

 

 

   15

庚戌

1730

 

 

 

   16

辛亥

1731

・黒姫山鵜川神社建替え

 

 

   17

壬子

1732

・宮川四郎兵衛、山中、栃ケ原境に所有する耕地の境界について出入り

・享保の飢饉 (バッタ被害による西国の大飢饉 餓死者12000人余)

 

   18

癸丑

1733

・栃原村で山崩れ起こる(土はし峰部分より武納川にかけて)

 

 ・丑暮二年季より売渡申す稗田証文の事 

   19

甲寅

1734

 

 

   20

丁巳

1735

 

 

 

〃  21

元文  1
(げんぶん)

乙卯

1736

4.28-

 

 

 

・信濃出身の開拓者、竹前権兵衛による紫雲寺潟開発計画完成し検地を受ける

 

    2

丁巳

1737

 

 

 

    3

戊午

1738

 

 

 

    4

己未

1739

 

 

 

    5

庚申

1740

 

 

 

    6

寛保 1

辛酉

1741

2.24-

栃ケ原村、幕領から白河領となる(他村は従前どおり)

高田藩主松平定賢白河移封。代わって榊原政永高田(15万石)入封。

 

 

 

 

〃  2

壬戌

1742

・白河領陣屋 柏崎大久保に建つ

 

〃  3

癸亥

1743

 

 

 

〃  4

延享 1

甲子

1744

2.21-

 

 

 

 

 

 

〃  2

乙丑

1745
(家重)

・坪野、広済寺建つ

 

 

〃  3

丙寅

1746

 

 

 

〃  4

丁卯

1747

 

 

 

〃  5

寛延
1

戊辰

1748

7.12-

 

 

 

 

 

 

〃  2

己巳

1749

 

高田で1丈6尺(約480p)の積雪の記録あり

 

〃  3

庚午

1750

 

 

 

〃  4

宝暦 1

辛未

1751

10.27-

 

・宝暦地震м6.6(上越高田)

 

 

 

 

〃  2

壬申

1752

 

 

 

〃  3

癸酉

1753

 

 

 

〃  4

甲戌

1754

 

 

 

〃  5

乙亥

1755




友左衛門(女谷村兼帯庄屋)

 石黒村庄屋、女谷村兼帯庄屋から独立する。(文書よりの推定-寛延2〜宝暦5)

・奥羽で大凶作、5万人が餓死

庄屋年歴書上帳届-田辺重順家文書 


 ・相渡し申す田地引替証文の事  門出村→石黒村  

〃  6

丙子

1756

 

 

丑の一年季に売渡申す槇木証文の事

〃  7

丁丑

1757

 

 

 

〃  8

戊寅

1758

 

 

 

〃  9

己卯

1759

 

 

 

〃  10

庚辰

1760
(家治)

 ・イギリス産業革命始まる。
  (植民地政策の台頭の要因)

 

〃  11

辛巳

1761