キリ
暮らしとの関わり
 石黒では、昔から「女の子が生まれたらキリをを植えよ、嫁入りする頃にはタンス材となる」と言われ多くの家の周りに植えられた。
 また、キリは火に強く防火の役目も果たすとも言われ隣家との境に植える家もあった。
 しかし、大木になるにつれ木の下は畑作は出来ず屋敷地内に植える家は少なくなり山(作場付近)に植える家が増えた。そして若木のうちは周りを畑にして生長を促進した。
 しかし、山に植えると冬期間にヤマウサギがによる食害が多く、藁を巻くなどして被害を防いだ。→食害を受けたキリ
 当時は、外国材の輸入はなく、キリはタンス材や下駄材として木材では最も高価であった。門出などの桐買いが村々を回り桐を買い付けた。→下駄屋
 また、村の古老の話によると車道の開通しない昔は、石黒川を流して門出集落まで運搬したものだという。
 その後、中国から安い桐材が輸入されるようになり値段は急落した。
 筆者にとってキリは子どもの頃から身近にある木であるが蕾から結実までがよくわからなかった。高い所で開花結実するので、謎に包まれた樹木にさえ思われた。一時期は葉と若い果実と成熟したように見えるつぼみが同居キリしているのだから、遠目でみていると混乱してしまう。とにかく、つぼみと花と果実をしっかりと見分ければそれでよいのだが、曖昧なままで過ごしてきた。80才を過ぎた今にして漸くキリという植物の生態を理解することが出来たような気がする。(2019年)
 市街地周辺では目線の高さでキリの開花までを観察できるが、豪雪地の石黒でキリの花は遠目でしか見ることはできなかった。HPでキリのページを作るにあたり、先ず参照画像→キリの一年-成長の様子を作ってみた。

(撮影日 2020.8.8 松美町)
 今日(2013.3.12)市街地周辺で幹回り150cmほどの見事な大木と出会った。→下写真・場所−藤井.
 今朝(2018.6.23)朝の散歩の途中で桐の幼木に出会った。やわらかな巨大な葉を広げていた。
 桐の木は筆者が子どもの頃から、つい10年ほど前まで石黒の生家の屋敷に何時もあった。桐は20年ほどで桐屋に売り伐採されたが翌年、その切り株から新芽が出てすくすくと成長した。こうして、ほぼ同じ場所に数代にわたって、桐の木が立っている風景のわが家であった。
 子どもの頃には、独特の強い臭気があった事を記憶しているが、今、手で葉を揉んでも微かに匂うばかりである。80才を過ぎて嗅覚が衰えてしまったせいであろうか。
 ところで、今日(2018.10.27)に、初めて500円硬貨の表(※製造年のある方が裏面だそうだ)の図柄がキリの花であることに気づいた。桐の家紋は、明治中期までは菊の花と共に皇室専用の家紋であったといわれる。

 昨日(2020.5.23)に久しぶりに板畑の嶽を訪れた。帰路、板畑集落の旧家中村治平家に立ち寄った。屋敷に植えられた花をつけた桐の枝が目線の高さまで撓って目を引いた。
 こんな景観で桐の花を眺めて見たいと思っていた自分は、しばらく見とれていた。 ここは太平洋戦争時に従妹が疎開して過ごした家でもある。想えばそれからすでに70余年もの時が流れている。ぼおーと桐の花と庭を眺めていると、午後の木漏れ日の中で遊んでいる従妹の姿が一瞬見えたような気がした。
 城館山(板畑城址)の方角から頻りにカッコウの鳴き声が聴こえた。耳を澄ます遠くで「ポォ、ポォ、ポォ」というツツドリの鳴き声もする。

※板畑中村治平家庭の桐の花

(写真上2004.9.25 右上2005.5.31 右下2005.8.18)
 

           キリの枝芽
写真2016.4.9下藤井

撮影日2009.4.27下石黒

           キリのツボミから開花1

撮影日2007.5.21下石黒

                花期−1
          花期−上写真一部拡大
撮影日2005.6.9下石黒

         ツボミから開花まで

写真2019.5.14藤元町

              花期から果実期へ

 写真 2015.6.2 藤元町

               幼果

写真2015.6.9藤井
              果実期-1
写真2013.6.16上石黒

写真2020.7.8藤元町

          ツボミ形成期
写真2019.8.12藤元町

            ツボミの形成期

2013.10.13上石黒 嶺坂

      晩秋のつぼみの様子(花期Tと同個体)

写真2014.11.30下石黒

     冬のつぼみの様子(花期Tと同個体)

写真2010.1.25下石黒

         果実と翼のある種子-1

撮影日2009.10.10下石黒

             見事な大木

写真2015.8.13上石黒旧石黒校校庭

撮影日2013.3.12藤井

     海岸のキリ (右は牛が首の層内褶曲)

写真2016.3.5笠島

      コンクリートの隙間に生えたキリの実生

 写真 2018.8.1 藤元町

        大きな葉と直立する花序

 写真 2020.6.18 松美町

解 説
ゴマノハクサ科
 本州と九州の各地に植えられている落葉高木
 現在では自生状態のものも多い。
 葉は柄があり大形で対生する。葉の両面には、細かい粘りけのある毛が密生している。幼木の葉は成長した木に比べ非常に大きい(下写真)
 初夏に枝の先に数個の花を密集してつける。花冠は大形の筒状で先端は5裂して唇形となり、長さは5〜6p。淡い紫色で内側に黄色いがある。
 雄しべは4個あり2個ずつ長さが異なる(下写真)
 果実はオニグルミに似た大きな卵形のさく果で割れるとのついた沢山の種子(左下写真)が飛び出す。未熟な果実の表面に毛があり粘つく(写真下)
 


    
大きい幼木の葉

撮影日2006.8.2上石黒

2018.6.23藤元町

        幼い葉


 2018.6.23藤元町

      キリの幹

撮影日2005.7.4寄合

       幼木の幹
2018.6.23藤元町

        つぼみ

    つぼみから開花2

写真2007.5.21下石黒

       キリの花


       花の上下

    長さの異なる雄しべ

撮影日2009.6.1上石黒

      花から果実へ

 写真 2020.5.28 藤元町

   幼果表面の粘り


写真2015.6.9藤井

 早くからつくつ来年のつぼみ

写真2019.8.12藤元町
上石黒2009.8.15

     果実とつぼみ
写真2009.10.10上石黒

     果実とつぼみ2
写真2009.12.16寄合

    未熟な果実と内部

写真2013.5.16上石黒

   2室に分かれた果実

写真2013.5.16上石黒

     果実の大きさ
写真2020.7.8藤元町

   ほぼ成熟した果実

   果実と翼のある種子-2
撮影日2013.3.12藤井

 葉痕は後年にわたり残るようだ

       2〜3年後

        数年後

写真2015.2.6田塚

  500円硬貨の表面の桐

 写真 2018.10.27

 板畑中村治平家庭の桐の花
写真 2020.5.23→拡大クリック