オオイヌノフグリ
暮らしとの関わり
 オオイヌノフグリは最も早く春の到来を告げる花と言われるが、雪深い石黒で春を待つ子供時代の舞台には登場しなかった。
 もともと、オオイヌノフグリは明治中期の帰化植物であり、昭和20年代には石黒には全く自生していなかったのであろう。
 現在でも石黒では珍しい野草である。隣村の鵜川などでも同様であることから多雪であること等などの気候との関連があるのであろうか。それとも、種子散布がアリに頼るなどで非常に拡散が緩慢なためであろうか。
 名前は在来種に小形のイヌノフグリ(参考画像)があったためにつけられたという。イヌノフグリという名前については、とかく話題になるが筆者などは果実を見る度になるほどと改めて感心してしまう。
 花の色は絶妙である。正にこの色は早春のオオイヌノフグリに始まり夏のルリボシヤンマエゾイトトンボ、そしてクガイソウの花、そして秋の熟したアケビの実にのみ見られるくらい希なるものではなかろうか。
 ちなみに学名Veronicaは、ゴルゴタの刑場に向かうキリストの汗を拭き取った聖女の名前だという。

 田塚のセブンイレブンに古文書のコピーに行った帰りに田んぼ道に出て散歩がてらに2qほど歩いた。農道沿いにはヒメオドリコソウツクシなどと共にオオイヌノフグリの花が見られるようになった。所々に群生も見られた。
 市街地周辺では真っ先に春到来を知らせる花は、このオオイヌノフグリだ。→写真 
 ※群生の向こうに見える黒姫山のふもとの故郷石黒は未だ2m近い残雪という。(2018.3.17)
 今日(2018.3.25)、再び、散歩道の道端のオオイヌノフグリの群生地を訪れた。到着したのは午後の3時少し過ぎであったが、まだ陽が当たっていたが花はみな閉じている。以前にものこのような場面に出会ったが、未だツボミの状態と思っていたが、これだけの群生のすべてがツボミ状態なのも納得がいかない。
 帰宅後、何種かの植物図鑑を調べるに開花についてそれらしい記載も見当たらない。それでWEB上で調べると、「咲いている時間は午前10時から午後2時くらいまでの4時間ほど」とある。つまり、お昼前後の数時間しか開いていないとのことある。
 のみならず、1日花で天気が悪いと、花は充分には開かず、そのままの状態で次の日に落ちてしまうという。それでも、自家受粉で十分結実するという。さすがに名前に恥じない旺盛な繁殖力である。
 今日(2019.2.27)、昼食後に近くの農道を散歩していると開花したオオイヌノフグリに出会った。1週間ほど前に太平洋側に住む知人からオオイヌノフグリの花便りをもらい羨ましく思ったばかりであり思わぬ出会いであった。それだけ今年は暖冬なのであろう。
 今日(2020.2.13)の午後、近くの農道を散歩しているとたくさんのオオイヌノフグリが咲いていた。数匹のテントウムシも見られた。去年は下写真「早い開花」を2月27日に撮影しているが、今年は去年を越える暖冬となりそうだ。やや強い西風が吹いていて気温はスマホの表示では柏崎は℃16度とある。季節外れの気温だ。

(写真2005.4.19大野)


        若草時の姿

写真2009.3.20寄合

          少しピンク色を帯びた花

              2本の雄しべ

写真2016.3.11

             草姿

写真2009.5.20寄合

        群生この画像を拡大して見る

2014.3.27長浜町

   晴天時の正午前後2時間以外の花の様子

写真2018.3.25 長浜町

          早い開花 (2019.2.27)

写真 2019.2.27 田塚

     開花時に少し花冠を立ち上げる様子
  写真 2019.3.10新田畑

       果実と種子

写真2018.3.25 長浜町

解 説
ゴマノハグサ科
 日本全土に分布。明治中期に我が国に入ったヨーロッパ産の帰化植物。農道の脇などに生える越年草
 茎は基部で枝分かれして(左下写真)地面を這い長さ15〜30pで柔らかな毛がある。
 葉は下部のものは対生し上部のもは互生し長さ6〜20o、幅4〜15o。先の鈍い鋸歯がある〔下写真〕
 花は早春に茎の脇から花柄を伸ばしコバルト色で濃色の線のある花(径8o)を開く〔上写真〕
 ガクは深く4片にさけ花は深く4片に裂けて筒部はごく短い(下写真)。2本の雄しべをもつ〔上写真〕。1日花で夕方には閉じることで昆虫の訪花がなくとも自家受粉をおこなう。
 果実は扁平な心臓形で数個の大型の種子をもつ。種子は長さ1.5oほどで腹部が凹んだ楕円形(左下写真)
 名前の由来は果実の形がイヌの睾丸に似ていることによる。(イヌノフグリという名はすでに在来種につけられていた〕



       早い開花

写真2017.2.16椎谷

         花
写真2009.5.20寄合


   基部の葉と上部の葉

写真2009.5.20寄合

    つぼみのころ

写真2016.3.11原町

      短い筒部
写真2016.3.11原町

         ガク
写真2009.4.20寄合
写真2016.3.11原町

       果実

写真2019.2.27田塚

   夕方の花の様子

写真 2019.2.27田塚

  すでに結実したもの

 早い開花に驚いたが、よく観察すると既に結実したものも、上の写真のように多く見られ意外な発見であった。
 図鑑では花期は3〜4月とあるが、今年のような暖冬は、新潟県でもすでに2月中旬より開花し自家受粉で結実していることが分かった。
写真 2019.2.27田塚

 早い開花2 拡大→クリック
撮影 2019.2.13 下藤井

水滴を留めている葉はオニノゲシ

写真 2020.2.29 新田畑
※学名「Veronica」は、ゴルゴタの刑場に向かうキリストの汗を拭き取った聖女の名前だという。今日散歩の途中で上写真のオオイヌノフグリの花を見て、ふと、その学名の由来を思いだした。葉の上の水滴はキリストの汗か少女の涙か・・・・・・。