ハグロトンボ
暮らしとの関わり
 夏になると、毎日のように川遊びに明け暮れた子どもたちにとってなじみ深いトンボである。
 深い渓谷の石黒川で、妖精のようにひらひらと黒い羽を動かして飛んでいるハグロトンボの姿は子どもの目には神秘的に見えた。川面を悠々と飛翔するオオカワトンボとは異なり川岸近くをゆっくりと飛翔し草などにに翅を閉じてとまり時々翅を広げるのであった。
 しかし、ゆっくりとした羽の動きに似合わず、近づくと素早く逃げたように記憶する。おそらく本気で捕まえようとは思わなかったのであろう。なぜなら石黒川はハグロトンボに目もくれないほど子ども達を惹きつける魅力に満ちていたからだ。
 昆虫の他、川にはカワセミカワガラスも身近に見られたが、今、ぼんやりとした記憶しかないのは、子どもたちの興味関心は専ら水中のウグイカジカなどにあったからであろう。
 ちなみに、ハグロトンボは、今でも川辺とは限らず普通にみられ、柏崎市の松美町の自宅の庭にも希に姿を見せる。先日(2018.7.26)朝、家の近くの国道8号線の歩道でも見かけた。
 しかし、私にとってのハグロトンボは川辺、それも深い渓谷を流れる石黒川で見てこそ真正のハグロトンボだという思いを捨てることはできない。

 リンク画像でみる→ハグロトンボ

(写真上・右上2005.7.22寄合川 右下2005.7.26下石黒)


           ハグロトンボ(♂) 

             ハグロトンボ(♀)

撮影2007.6.29寄合
            翅を広げた状態
  撮影2007.7.20下石黒


解 説
カワトンボ科
 全国に分布するカワトンボ。
 羽に比べ腹部は細く、雄は金緑色
(下写真)、雌はほぼ黒色である。翅(はね)は、とまったときには閉じて立てて時々瞬間的に広げる。 
 成虫の体長約60o、羽の長さ約40o。7月から8月に最も多く見られる。
 羽化後の若い個体は薄暗い林などで生活するが、成熟すると再び水辺に戻り、明るい川沿いなどの植物などに止まり縄張りを張る。交尾後、雌は水面近くの水中植物に産卵する。
 産卵は雌単独で行うが時には完全に潜水して行うこともあるという。
 名前の由来は羽が黒いことによる。別名はホソホソトンボ。



        雄の横姿
 撮影2007.7.2寄合

      体上部拡大(♂)


 撮影2006.6.19上石黒

  前翅・後翅を横から見る

撮影2009.6.29寄合

      上からの姿

 撮影2009.7.14 寄合