ハルジオン
暮らしとの関わり
 雪もすっかり消えて、カタクリキクザキイチゲの花が終わった後に山道や土手などに、無造作な感じて咲いている花である。
 人目をひくのは白〜濃紅色の変化に富む花の色であろうか。→参考写真
 よく見ると花びらは極めて細く、付け根の部分は白く、先にいくほどピンク色が濃くなっている。頬紅を刷毛でそっとつけたような染まり方が絶妙である。
 しかし、蕾が垂れ下がる性質のため全体の姿が損なわれてしまう。
  牧野植物図鑑には「関東の都会や郊外に広がりつつある」とあるが、戦後、関西にひろがり現在では全国に見られるようになったという。

(写真上・右上2004.6.13下石黒 )


       市街地周辺から黒姫山を背景に

写真2014.5.2平井

          ハルジオンの根

写真2009.5.8.寄合
      田のクロ(畔)に咲くハルジオン

写真2007.5.27下石黒

写真2012.6.2板畑

          ハルジオンの小群生

写真2005.6.8.大野

        開花の様子

写真2009.5.8.寄合

            総包

写真2009.5.8.寄合


解 説
キク科
 今では北海道から九州に見られる北アメリカ原産の越年草帰化植物要注意外来植物
 ハルシオンともいう。
 茎の高さは30〜80pで開出毛があり中空。
 根生葉は花時にも生きていて長楕円形またはヘラ形でのある柄がある
(左写真)。質は薄い。茎葉の基部は茎を抱き耳のような付き方をする。〔上写真〕  両面に軟毛があり縁には鋸歯がある。
 花は5〜6月。頭花散房状につき、直径1.5〜2.5pほどでヒメジョオンより大形である。舌状花は細く多く、ピンク色のものが多いが白〜濃紅色まであり変化に富む。
(下写真)開花前の頭花はうつむいてしおれたように見える(下写真)
 総包片は3列で形は皮針形線状披針形で背に微毛がある
(左下写真)。舌状花は3列でふつう淡紅色。
 そう果は扁平な広倒披針形で長さ0.8o。冠毛は長さ2.5oで毛は細い。
 ヒメジョンとの区別は、茎が中空で葉が茎を抱き蕾が垂れる
〔下写真〕ことできる。
 名前は牧野富太郎命名で春に咲く紫苑(シオン)の意味。




 花の色のいろいろ
 


写真2005.6.8.大野

       総苞片

写真2009.5.8.寄合

 ツボミをつけたハルジオン

 
写真2009.5.8.寄合

  葉のつき方と茎と葉の毛
写真2009.5.8.寄合

       茎の断面

写真2009.5.8.寄合