ノブドウ
暮らしとの関わり
 ヤマブドウが、奥山にしか見られないのにくらべ、ノブドウは、道ばたのどこにでも見受けられる。一見、葉の形や蔓の様子などヤマブドウに似ているので、子どもたちはヤマブドウと見間違えることもあった。また、花の形はヤブカラシに似ている。
 果実は、ヤマブドウとは異なり白や紫、青色のなどの混じった独特の色をしている。食べ物のなかった戦後の頃の子どもは、食べられないことを知っていたが、内心、これが食べることが出来る実であればと惜しい気持ちになったものだった。
 それにしても、ノブドウの果実は本来、淡緑色→紫色→青色に変化するとされるが、実際にはもっと複雑な色合いを呈する。また、結実直後からすでに赤く色づいたものもある(右下写真1・2)。
 これが虫えいとの関連があるのかどうかは多くの図鑑や文献を調べてみたが分からない。できれば今後調べてみたい。
 時には宝石箱をひっくり返したような目を見張る美しい場面に出会うこともある。→参考画像
 今日(2014.10.30)、北条地内で杉の木に高くよじ登ったノブドウ(下写真)を初めて見た。高さは10mを越えていたであろう。

(上写真2005.10.26.上石黒 右上下2004.8.26寄合)
 

            多彩色な果実
撮影日2005.9.16寄合

        節ごとにジクザク状に曲がる茎

撮影日2010.7.3大野

     杉の木に10mあまりよじのぼったノブドウ

写真2014.10.30北条

          切れ込みの深い葉の形

撮影日2008.10.21寄合

       葉と対生し二股となる蔓

撮影日2013.10.5田塚

            晩秋のノブドウ

撮影日2011.11.16下石黒

             白一色の果実

撮影日2011.11.2寄合

解 説
ブドウ科
 北海道から九州に自生する蔓性落葉植物。〔落葉低木多年草との2つの分類の仕方がある〕
 節がありジグザグ状に曲がってのびる
(左下写真)
 葉は互生で形は一定ではなく変化に富むが、ヤマブドウに比べ切れ込みが深いものが多い。巻きひげは葉と対生し先が二又となる。
 花期は7〜8月。薄黄緑の花が上の写真のようにこまごまと付く。
 果実は、直径一センチほどで、下写真のように紫、青、白の混じった絶妙な色合いとなる。いびつな果実が見られるが、昆虫が寄生して虫コブとなったものである。
 ノブドウは有毒ではないが、食べられない。
 名前の由来は野にあるブドウの意味




     果実の大きさ
撮影日2010.10.13上石黒

   花期から果実期へ

写真 2019.8.24下石黒

     若い果実1

撮影日2005.9.3上石黒

     若い果実2

撮影日2005.7.8下石黒

   
美しい色の果実

撮影日2014.10.4谷根ダム付近
     

     果実と種子

撮影日2011.11.1上石黒

  虫こぶでいびつの果実

 撮影日2011.11.1上石黒

     冬芽(見分け難い)
写真2015.1.24中浜町