オオジシバリ
暮らしとの関わり
 石黒では、オオジシバリは少ない。昔は畑や道ばたでよく見かけたが今は除草剤が撒布されるようになったせいかたまに見かける程度である。
 しかし、時には、放棄された畑などにオオジシバリの大群生に出会うこともある。→参考写真
 筆者の観察ではジシバリに比べ若干湿り気の多い所によく見られるように思う。
写真2007.5.24 寄合


       
  雄しべと雌しべ

写真2007.5.24 寄合

        葉の形と花のつきかた

写真2010.6.5 下石黒

        一株の葉と花

写真2010.6.5 下石黒

     田の畔に生えたオオジシバリ

写真2010.5.19 上石黒

解 説
キク科
 北海道の西南部から沖縄までの田畑や道端に見られる多年草。地表近くに走出枝〔そうしゅつよう−ランナー〕をだして盛んに繁殖する。
 葉は倒皮針形またはヘラ形で(左下写真)、長さ7〜35p、幅1.5〜3pほどでジシバリより大型で立つ傾向がある。基部は次第に狭まって葉柄となる〔左上写真〕。下部はしばしば羽状に切れ込む。
 花は4〜6月に咲き、花茎は高さ15〜20p。2〜3回分枝して先端に黄色の舌状花からなる直径3pほどの頭状花を1〜5個ほどつける〔上写真〕総包の長さ長さ12〜14ok
総包内片は8個ほど(下写真)。舌状花は20〜30個。頭花はジシバリに比べてやや大きい。
 そう果につく冠毛は純白色(下写真)
 名前の由来は大形のジシバリの意味。


   そう果と冠毛

写真2008.7.2 下石黒


   総包と8個の内片

写真2008.7.2 下石黒