イボタロウムシ
暮らしとの関わり
 石黒では、希にしか見かけない。筆者が初めて石黒で見たのは2004年の秋であった。その時は、木の枝に生えたカビのようなものではないかと思ったが念のために撮影しておいた。この写真がイボタロウムシを知る大切な手がかりとなった。
 その後で、やはり秋に落合地区で出会ったのが上の写真のイボタロウムシである。この時には遠目にもイボタロウムシであることが分かった。その後、下石黒の山中でミヤマイボタの木についたものに出会ったが写真はない。
 2011年に本HPのイボタロウムシの写真を使いたいとの依頼が、「アラマタ生物事典」(講談社)の著者よりあったので、イボタロウムシの写真はWEV上にも少ないことを知って少し驚いた。
 ちなみにこの本はいろいろな生物の不思議と未来に向けた課題と可能性を子どもにも大人にも楽しく読めるように書かれたものである。
 その後、柏崎市街地ではしばしば見かけられることが分かった。→参考画像①  参考画像②  参考画像③ 
 昔は、このイボタロウムシの幼虫が分泌する蝋物質「いぼた蝋」と呼ばれローソクの原料や戸の滑りをよくするために使われたという。
 現在でも市販され、日本刀の手入れや木工製品や銅製品のつや出しに使われているという。
 今日(2014.11.26)夕方、久しぶりに藤元町のイボタロウムシを観察に出かけるとオオバイボタノキの葉はすっかり落ちていたがイボタロウの白蝋はそのままの状態で残っていた。越冬する雌の貝殻はないかと探したが道からでは見つけることはできなかった。しかし、撮影写真を見るとそれらしきものも認められた(左下写真)。降雪前に近づいて観察してみたい。
 冬至の今日(2016.12.21)は、珍しく快晴で気温も15度℃と高かった。散歩の途中でイボタロウムシの様子を見にいくと秋の頃よりロウ物質は増えたように思われた。今日は夕方で出来なかったが次回には越冬する雌の貝殻はないか近くに行って観察したいと思っている。→写真
 今冬初めての寒波もようやく去り、今日(2017.1.18)は、久しぶりにイボタロウムシの観察に出かけた。雪の中のイボタロウムシの巣はあたかも枝に雪が付着しているように見えた。初めての人が見たらイボタロウムシの巣とは気が付かないだろう。→下写真
資料-冬のイボタロウムシ
 今日(2019.3.12)に散歩道のイボタロウムシの宿木が伐採されて跡形もなくなっていることに気づき驚いた。今まで、散歩の度毎の出会いを楽しみにしていただけに残念でならない。何度か、蝋物質を採取して「イボタ蠟」なるものを作ってみたいと思ったが、イボタロウムシに申し訳ない気持ちがしてできなかった。今後、オオバイボタの木は、切り株から新しい芽が育つであろうが、イボタロウムシは期待できない。

 今日(2019.10.28)、古文書整理のボランティアで「蝋燭通帳-ろうそくかよいちょう」に出会った。その時の「蝋」の文字が極端にくずされ解読に手間取った。漸く解読に至ったが、ふと、なぜ「蝋」の漢字は木偏でなく虫偏なのかという疑問がわいた。というのは、今までの古文書に蝋燭の原料であるハゼやウルシの実を表す「里蝋」「山蝋」などの文字が多く見られたからである。
 そのことから、もしや最古の蝋燭はイボタロウムシの分泌した蝋物質で作られたのではあるまいか、と思ったのだ。
 帰宅後、調べて見ると蝋燭は、古代エジプトで紀元前1550年前から使われていたようであるが原料は明らかではない。
 東洋では中国て前漢(紀元前206年ごろから使われたようだが、こちらは鯨油や蜜蝋が原料のようだ。そして、元(1270-)になると、ボタロウムシの分泌物からも白蝋が採られるようになったとある。その製法は、新暦で8月末頃に採取し、直接または水中での加熱で精製するものだったという。
 その後、明(1368-)になって、南方ではハゼなどの植物を原料としたろうそくが作られるようになったとある。
 日本で、蝋燭が最初に登場したのは奈良時代で、中国から仏教と共に輸入された蜜蝋であったと考えられている。その後、中国との交易が途絶えると平安時代には、蜜ろうそくに代わって松脂蝋燭の製造が行なわれたようだ。
 そして、室町時代(1375年-)になって、ハゼやウルシの実の脂を原料とする木蝋(和蝋燭)が誕生し明治時代にかけて広く使用された事が分かった。
 このことから、「蝋」が虫偏であることが納得ができた。


※オオバイボタにびっしりとイボタロウムシ

(写真2007.10.28落合)


               雌の成虫たち

写真2016.7.10藤元町

               雌の成虫
 雌の成虫-木から取りはがしたもの 中はすでに空になっていた 7.28
   


          雄成虫の拡大画像



           雌成虫の拡大画像)


撮影日2011.9.21 下藤井

                  雄成虫写真2014.9.9藤元町
       オオバイボタノキのイボタロウムシ

写真2014.9.9藤元町
写真2016.10.26藤元町

       1月下旬のようす-付着した雪のように見える


写真2017.1.18藤元町

              早春の様子

写真2018.2.28藤元町
解 説
カイガラムシ科
 
日本全国に分布するカイガラムシの一種。
 主にモクセイ科のトネリコアオモダイボタなどの木に1年1回発生し成虫で越冬する。
 冬芽近くで越冬する雌の成虫は楕円形で背中がふくらみ成熟すると径1㎝ほどの紫褐色の球形の貝殻(下写真)をつける。 
 5月頃に貝殻に数千個の卵を産み6~7月に孵化する。そして、雄の成虫が枝に分泌し付着した白色の蝋物質の中でサナギとなり9月頃に羽化して白蝋に小(下写真)穴を開けて外に飛び出す。
 イボタロウムシによる樹木への被害は、ほとんどないと言われている
(筆者の5年間(2014-2018)の観察によれば株立ちしたオオバイボタに見られる若干の影響はイボタロウムシの分泌物が多く付着た木は、他の他の木に比べての葉や花のつき方は少ない)




     オオバイボタノキ

写真2014.9.9藤元町

   雌の成虫が作る白蝋の巣

 幼虫あるいは蛹(巣を壊して撮影)

    成虫の出た穴

撮影日2011.9.21 下藤井

       羽化直前

写真2014.9.9藤元町

        雄の成虫
撮影日2014.9.9藤元町

  越冬のメスの貝殻らしいもの

写真2014.11.26藤元町

     3年前から見られる

写真2016.7.5藤元町

     白色の蝋物質


写真2016.7.10藤元町

 樹皮一面にとつけられた幼虫

写真2016.7.28 松美町

   11月のころの様子
写真2014.11.26藤元町

        早春の様子

写真2018.2.28藤元町