1升マス

 マスには、1斗マス、5合マス1合マスなどあったが、昔から最も頻繁に使われたのは1升マスであろう。
 当時、豆腐や麹の代価は、大豆や米で支払われることが普通であった。つまり、村の豆腐屋に豆腐を買いに行くときには豆を持参した。
 昭和30年代には、行商、主に荒浜から来る魚行商や長野からくるリンゴ行商などは、ほとんど米との物々交換が行われたが、それらは1升単位で行われることが多かった。
 また、家庭の炊飯は大抵の家が7〜10人ほどの大家族であったから一升マスで計量して炊いた。
 ちなみに、昔の祝言の席で一升マスを持って踊る人を見たことがある。一生(一升)家がマスマス繁盛することを祈願する踊りであったであろう。
 上の下写真の刻印については補説をご覧いただきたい。

民具補説→斗マス