ホームページをご覧の皆さまへ  2020.7.9
 
ホームページをご覧くださっている皆様お元気でお過ごしでしょうか。
 九州地方、そして長野、岐阜県などでは大雨による災害が発生しておりますが、そちらにお住まいの皆さま、御無事でおられますでしょうか心配しております。被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 新潟県では今のところ被害は発生しておりませんが、梅雨明けまでは油断できないことと思います。お互いに今後も十分留意していきたいものです。

 (エゾアジサイ 撮影 2020.7.2 上石黒 出会い入り農道沿い)
 さて、故郷石黒は過疎化が進み現在では、上石黒-9軒、下石黒-5軒、寄合-5軒、板畑5軒、落合-3軒、大野-2軒、居谷-1軒で7集落合わせても34軒と信じがたいほどの減少の中にあります。(高柳村に合併して高柳町となった昭和30年には戸数が287軒、人口が1615人で、岡野町村を越える大村でありました)
 そんな中、この度「NPО-石黒邑」が結成され活動を開始したことは本サイトにもリンクしておりますHP「NPО-石黒邑」でご覧いただいていることと思います。また、この度の「石黒応援団」募集では県外からも応募くださった方もあり有り難いこととうれしく拝見しているところです。
 今日の柏崎日報に石黒応援団募集についての記事が載っております。後日HPを通じて紹介されることと思います。
 本ホームページをご覧の皆さまからも石黒の活性化に取り組む活動に是非御助力を頂ければと願っております。
 コロナウイルス、異常気象と気の休まらない日々が続きますが、皆さまどうぞ健康安全にとくにご留意されてお元気にてお過ごしください。
    
編集会 大橋寿一郎




         「石黒応援団」の会員募集について
 石黒応援団は、出身の皆さんをはじめ、縁のある方々の力をお借りして、石黒邑の活動を通じて、⼀緒に石黒地区を盛り上げていこう
と2020年7⽉1日に発足しました。
 ご入会いただいた皆さんには、会員特典として会報誌(年4回発⾏)で石黒区の近況などの情報をお届けいたします。また、石黒邑が企画する活動を御案内いたします。
 今後も石黒地区の良さを感じていただけるような会員特典を充実していきます。
<ご協力いただきたい主な活動例>

・郷土料理などのワークショップ
・ぶな林の保全活動
・日本棚田百選「花坂の棚田」保全活動
・交流会参加など

なお、ご都合で上記の活動にご参加いただけない方のご入会も歓迎いたします。皆様のご入会を心よりお待ちしております。

 下記チラシをクリックして拡大ページにてご覧ください。
NPО法人-石黒邑より




ECHIGO棚田サポーターによる花坂新田草刈作業
行なわれる

 今年で21年目を迎えるECHIGO棚田サポーターは、平成11年3月に新潟県農地部の職員の皆さんを中心として発足し、県内各地の棚田保全の活動に取り組んでいます。
  今日は、朝から暑い日ですが、石黒の花坂の棚田で活動が行われました。
  池田千賀子、与口善之、両県議会議員をはじめ30名を超える皆さんが手分けをして、農道脇や水路沿いの草刈りなどが行われました。 参加者の皆さん、大変ありがとうございました。
(本文・写真 特定非営利活動法人 石黒邑2020.6.27より転載)

 
(本文・写真 特定非営利活動法人 石黒邑2020.6.27より転載)


        下石黒道普請が行われる  2020.6.7

 今日(6/7)、例年より1
月遅れで下石黒の春の道普請が行われました。コロナウイルスの流行による実施期日の先延ばしでしたが、状況は好転せず、例年県外から参加下さる方々とはお会い出来ない事となりました。
 作業開始に先立って区長さんから互いに2mの間隔を保つなどの注意があり、作業は午前中で終了しました。‎側溝に堆積したブナの葉と土砂を鍬でさらいあげる作業は例年のことながら骨の折れる仕事です。幸い前々日までの夏日とは一変、最高気温が21度という絶好の作業日和となりました。
 一服休みには、コロナウイルスの話は別としてその他、昔の暮らしなど色々な話題で楽しいひと時を過ごしました。近くで、アカショウビンの鳴き声、少し遠くでカッコウの鳴き声が、そしてあちこちでウグイスの鳴き声がしきりとしました。
 
 
 
 写真・文 編集会-大橋寿一郎


         NPО法人-石黒邑だより 5月30日

 石黒地区にとって貴重な財産である、ぶな林を守って行こうと、今日から年数回に渡り森づくり活動をスタートしました。
1回目の今日は、市内で森づくり活動に取り組んでいるNPO法人柏崎森づくりネットワークの皆さんからご協力いただき、指導を受けました。
 また、兼ねてから交流している新潟国際情報大学の学生さんも駆けつけてくれました。
みんなで、落ちている枝や倒木の片付け、倒れかけている木の伐採などを行いながら、いい汗をながすことができました。
 ぶな林の中はとても気持ちの良い空間。ぜひ、足を運んでいただきたい場所です。

 
 
 
特定非営利活動法人 石黒邑-HPより転載
詳しくは本サイト関連リンクNPO法人-石黒邑からご覧下さい。



     大野~板畑間の道路工事進む   2020.5.26
 
昨年、6月から進められていた大野~板畑の道路改良工事が今年も継続して行なわれている。
→昨年の記載記事
 
この道路は大潟~高柳線で主要地方道であるが、道幅が狭く一車線であったため昨年より拡幅工事が進められてきた。今年度は降雪前までに改修予定(集落入口橋まで)の5分の3の行程の工事完了を目指して仕事を進められている。
 
 
 
 
 
     情報提供-柏崎地域振興局    写真-編集会 背景は黒姫山


      故郷石黒 田植えの真っ盛り 2020.5.18

 HP石黒をご覧の皆様、お元気でお過ごしでしょうか。故郷石黒では、今、田植え作業が真っ盛りを迎えております。記録的な小雪で水不足も心配されるところでありますが、明日より、3日ほど雨マークの予報で、ほっとされている方もおられることと思います。
 コロナウイルスに世界中が騒然として、まだまだ収束までには月日がかかりそうですが、皆様、健康安全に十分ご注意の上お過ごしください。


        元石黒校付近のブナ林の様子-5月18日
 田植え作業の様子--上石黒
 
              田植え作業の様子-下石黒
 
  写真-下石黒-(地名よしぐい)
 田植えの終わった板畑-嶽-地名屋敷田-2020.5.23
   写真-編集会 背景は黒姫山
        田植えの終わった上石黒-地名-高床-2020.5.23
   写真-編集会 背景は兜巾山



           NPО石黒邑 2020.5.1号より
 今日から5月。暖かい日が続き、石黒のブナの緑も日を追うごとに濃さを増してます。
田植えの時期を控え、田かきや苗づくりの作業の姿があちこちに見えます。
いよいよ本格的な春です。
今日は大野のヤチで、石黒邑の理事長も田かきに勤しんでました。
本来なら胸躍るはずのゴールデンウイーク。
皆さんステイホームで、一日も早い収束に団結していきましょう。


   情報提供 NPО法人-石黒邑HPより


     

       石黒の居谷地区で子グマ発見 2020.5.2 

 柏崎市の防災無線で本日(2020.5.2)午前に放送がありましたが、水曜クラブの田辺さんより次のようなメールをいただきました。
「午前中に熊の注意換気の防災無線がはいりましたが、昨日、居谷で子熊(※死骸₋交通事故によるもの)が発見されました。
親がいるはずなので、注意するようにと水曜くらぶのグループラインに画像と共にメッセージが小野島さんより届きました。

 子連れのクマは狂暴とのこと、山菜取りに出かけられる方は十分に注意してください。

   情報提供 田辺須磨子 小野島弘



      柏崎市市街地周辺で田植え始まる  2020.4.24
 市内周辺では、極早生米、JA柏崎 新品種「葉月みのり」の田植えが藤井での21日を皮切りにあちこちでスタートしています。
 筆者の家の近くの新田畑でも24日から始まり今日も、晴れとはいえ肌寒い陽気の中、田植え作業がおこなわれていました。
 撮影 2020.4.24 新田畑 背景は残雪の黒姫山
 撮影 2020.4.28 新田畑
 写真の背景は黒姫山ですが、記録的な暖冬とはいえ、いまだ残雪が白く見えます。(南向きの石黒に比べ北向きは長く雪が残ります)
 故郷石黒では、「葉月みのり」を栽培している人はいないので、田植えが始まるのは、来月の10日過ぎになるだろうとのことです。


「葉月みのり」の田植え始まる-ふるさとビデオ便り
  情報提供 中村稔  写真 編集会



      中之坪ダム周辺の桜が満開   2020.4.19
 今日(4/17)、石黒に冬囲い撤去に行く途中、中之坪ダム周辺の桜が大変きれいに咲いていました。中之坪ダムは昭和48(1973)年に完工しダム周辺に散歩道、菖蒲園、さくらの公園などがつくられました。とくに桜公園は苗木のころから長年にわたって地元(田代・中之坪・門出)の方々が支柱を立て冬囲いをされている様子を拝見していましたから、とくにこうして満開の桜を見るとうれしく思われます。
 私の見るかぎりでは、多雪地帯であるため、ウソなどの野鳥により花芽が食べられてしまい、花がまばらな年も多かったようです。昨冬は希な小雪なため鳥害から逃れることができたようです。
 しかし今春は、コロナウイルスの流行で外出自粛のため人影も見当たりません。一人ひとりが留意して、来年の今頃には是非とも流行の終息を迎えたいものです。
 
 
写真 2020.4.17 編集会



  故郷のブナの芽吹き-今が絶妙な色合いの時 2020.4.17 
 私たちのふるさとは、残雪の見られない
珍しい景観の春を迎えております。今が、ブナ林の里-石黒の自然が最も美しい時期だと思います。(下写真 )のみならず日本中の人々が、生きていることの幸せを実感する季節でしょう。
 しかるに、今、世界中が終わりの見えないいコロナウィルスとの戦いの最中にあります。今こそ、共通の敵に対して世界の国々が一致団結して対処してほしいものです。
 そして、これを機に国際関係のありかた、自然環境保全等を、生物の種としての「ヒト」ではなく、人格をもった「人間」にふさわしい社会を構築して行かなければ、今回のコロナウィルスとの戦いを制しても次に来る戦いを制することはできないのではないでしょうか。
 私たち個々人も、今、最前線の医療現場で命がけでで活躍されている方々にのみ頼るのではなく、一人ひとりが世界史に残るであろう「コロナウェルスとの戦争」の前線で戦うという自覚をもって拡散を防ぐよう努力したいものです。
 在村の皆さま、HP石黒の暮らしをご覧の皆さま、くれぐれも健康に留意してお過ごしください。

     元石黒校付近のブナ林の様子-4月17日
      元石黒校付近のブナ林の様子-4月12日
写真 2020.4.12 編集会


    ブナの芽がほころび始めるふるさと石黒  2020.4.9
 
ふるさと石黒の例年になく残雪の見られない春を迎えております。今のところ、ふるさと石黒を美しく彩るブナが芽吹き始めるのは数日後のように見えます。もうすぐ、ブナの梢がふんわりと黄緑色を帯びてくるでしょう。
 いつもの年であれば、今が一番心が躍る頃でありますが今年は、新コロナウィルスの流行で、気持ちが晴れません。一日も早い終息が待たれますが、感染者の増加、社会生活への影響増大はまだ峠を越えていないのかもしれません。お互いに感染を防ぐために留意したいものであります。

        元石黒校付近のブナ林の様子-4月9日
         元農協支所付近から下石黒方面を望む

 写真 2020.4.9 編集会
    



    農事組合石黒今年度共同作業始まる   2020.4.8
 8日、農事組合法人の方がが中心となり皆さんで、学校跡地に育苗施設を設置する作業が行われました。作業は広い施設であるため、午前8時から午後5時までかかりました。
 「農事組合法人
石黒」のHPを見ますと、一昨年は4月20日ごろに苗箱並べが行われていて、周りは厚い残雪が見られます。
 ご提供いただいた下の写真、今年は、まるで太平洋側の作業風景のように見えますね。



 情報提供 田辺和幸




   NPO法人-石黒邑たより「さわらび」第2号  2020.4.6

  拡大クリックしてお読みください←「クリック」→「ファイルを開く」→「許可する」で拡大文が表示されます。元の戻るには画面右上の✖印クリック


情報提供 NPО法人-石黒邑



      NPO法人-石黒邑が新潟日報で紹介される

 
 情報提供 中村隆
 下記事拡大←クリック
  NPO-石黒邑会員 2020.3.15
                
情報提供 2020/3/15 NPО法人-石黒邑


      NPO法人-石黒邑便り-2020/2/23号

 こんばんは!
 残念ながら今日の高柳町雪まつりは荒天のため中止になり、みんな気落ちしておりましたが、石黒で「いのししラーメン」を提供することができました!
 雪まつりでは岡野町まで足を運んでいただけない石黒の方に地元で食べていただくことができ、結果的には良かったことに‼️
 予約あり、出前あり、石黒以外からもいのししラーメンを食べたかったという方々がかけつけて下さったり。 予想以上の賑わいに疲れも忘れてしまいました。

 
 
 情報提供2020/2/23 NPО法人-石黒邑-田辺須磨子



       NPO法人-石黒邑便り
-2020/2/15号

 
NPO法人-石黒邑では、石黒地区の皆さんをはじめ、出身者の方など、広く活動を知っていただきたいという思いから、会報誌「さわらび」を発行することとしました。この度、第一号が出来上がりましたのでご覧いただき、皆様からの活動へのご参加ご指導を何卒よろしくお願い申し上げます。
 なお、「さわらび」は年に3~4回発行する予定です。
  
NPО法人-石黒邑 田辺和幸

        
拡大→クリック

情報提供 NPО法人-石黒邑



       石黒地区雪まつり行なわれる 2020.2.9
 皆様、お元気でお過ごしでしょうか
今日(9日)ふるさと石黒で恒例の雪まつりが行われました。実行委員会の前日準備の御蔭で、どんど焼きは午前9時半から行なうことが出来ました。
 今年は、積雪が60㎝
(※板畑90cm)と少ないため賽の神の会場を屋号「西」の家の後ろに変更して行われました、時々陽の差す天気に恵まれ、青竹に入れた御神酒を頂き今年の無病息災を祈願しました。
 今年は、村の活性化にご協力くださっている新潟国際情報大学の皆さんも参加くださって賑やかな雪まつりとなりました。
 お昼には、豚汁餅、あんこ餅、黄な粉餅、大根おろし餅がふるまわれ美味しくいただきました


 
 集合写真→拡大クリック
 
 新型コロナウィルスによる肺炎の蔓延も心配されますが、季節性インフルエンザの流行も報じられております。HP石黒の昔の暮らしをご覧くださっている皆様、どうぞ健康安全にご留意されお元気にてお過ごしください。

※ビデオ便り





        NPO法人-石黒邑便り-2020/2/6号
 2月に入り、ようやく本格的な冬がやってきました。既にたくさん雪が積もってますが、今夜から明日朝にかけて50㎝の積雪の予報。
雪がわさわさ降る夜ですが、今夜も内容盛りだくさんの定例会。
今月22日(土)、23日(日)に、30回目を迎える高柳雪まつりYOU・悠・遊の出店についても話し合いました。
私たちNPO法人石黒邑も石黒水曜くらぶとして出店し、雪まつりを盛り上げていきます!
2日間、いのししラーメンと糀の甘酒を用意して、皆さんのお越しをお待ちしています(o^^o)(や)


情報提供 NPО法人-石黒邑-田辺須磨子


         NPO法人-石黒邑便り-2020/2/3号
..おはようございます!
昨日はNPO法人石黒邑の活動第2彈。味噌の仕込みを行いました。
Facebookにあげてもらいした。昨日は久しぶりの降雪。節分前のギリギリ寒仕込みになりました。
ビデオ→味噌の寒仕込み
 
 
 
 
情報提供 NPО法人-石黒邑-田辺須磨子



       久しぶりのまとまった降雪 2020.2.3
 HP石黒の昔の暮らしをご覧下さっている皆様お元気でお過ごしでしょうか。記録的な暖冬に驚いておりますが、故郷石黒では1日から降雪となり2日には上石黒で10cm、板畑では40㎝の積雪となりました。今日3日は晴れの天気ですが明日から明後日にかけてまとまった降雪との天気予報です。
 上石黒の様子 撮影 田辺須磨子
 
 
 情報提供 田辺須磨子  中村稔
 このまま、春になるとは思われませんが豪雪になることはないと思われます。
 中国で発生し各国に広がりつつある新型コロナウィルスによる肺炎の日本での感染も徐々に増え憂慮されるところです。皆様どうぞ、健康安全に留意されお元気似てお過ごしください。



     NPO法人-石黒邑便り-2020/1/26号
..こんにちは!
石黒邑のFacebookはご覧いただいておりますでしょうか?
昨日26日に田中さんのお掃除を始めました。
当初は春になって、雪消えと同時に手をつける予定でしたが、この通りの冬で雪の心配がいりません。
それどころか、昨日はお天気も良くぽかぽか陽気。
思いもよらないお掃除日和でした。→
ビデオ便り
        NPO法人-石黒邑活動拠点
 
 
 
 情報提供 NPО法人-石黒邑-田辺須磨子




        全国的な異常な暖冬  2020.1.20
 
みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。今日20日は大寒ですが、全国的に希な暖冬が続いています。故郷石黒では下写真のとおり晩秋の初雪頃のような景観です。板畑でもこの時(下写真撮影日)10㎝ほど降りましたが現在、雪はないとのことです。
 新潟県には珍しい晴れの日も例年より多く、気温も今のところ(柏崎市街地)氷点下一度以下の日はなかったようです。
 このまま行くと雪関連の事業のみならず農業にも深刻な影響を与えかねません。本格的な降雪期は残す所一か月というところですが適度の降雪が切望されるところです。
 本サイトを始めましてから忘れられない小雪であったのが2009年です。積雪は82㎝で4月の18日の写真 (参照→クリック)を見ますと黒姫山に一片の残雪も見当たりません。また、1971・1972年に70㎝台の小雪の年が2年続いています。→石黒の積雪量一
覧表
 
 
 
 写真情報提供 田辺須磨子
 地球規模の気候変動が深刻なの話題となっている近年ですが、それに因るとされる近年の巨大風水害は国の早急な対策もさることなが個人も日ごろの対応が必要だと痛感しています。

 在村の皆さま、HPをご覧下っている皆様、健康安全にご留意されお元気でお過ごしください、




  ふるさと石黒の元日、板畑で60㎝の積雪 2020.1.1
 故郷石黒では、板畑60㎝、他集落では12~28㎝の積雪の中で元旦を迎えました。雪は前年の30日の午後から大晦日にかけて降り除雪車も出動しました。しかし、元旦には寒気が緩み午前9時ころから陽も差す天気となったとのことです。
 参考までに、板畑では、昨年の元旦の積雪は120㎝、上石黒では75㎝とのことです。

 在村の皆さま、「HP石黒の昔の暮らし」をご覧くださっている皆様、どうぞ健康安全に留意されたお元気にてお過ごしください。
 板畑の雪の様子
 
 
 撮影日2020.1.5  中村稔
 
情報提供 中村稔 田辺請繁 田辺忍 田辺朝男

      

  
   迎 春

 皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

                     2020.1.1

       マンサクのツボミ 撮影-2019.2.20・下石黒
 昨年中は、HP「石黒の昔の暮らし」をご覧いただき厚くお礼申し上げます。速いもので本年は「ふるさと石黒だより」を発信してから17年目となります。今年も在村の皆さまのご協力を得て「ふるさとだより」をお届けしたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
 なお、皆様からのお便りを心よりお待ちしております。
   


    バックナンバー2019へ