リンドウ
暮らしとの関わり
 リンドウは、ふだんは道ばたなどの草陰にあって目立たず、秋が深まってから花が咲くとようやく、その存在が認められるというよう植物の一つである。
 石黒では、道ばたの土手などに、しばしば見受けられる。鮮やかな紫色の花は、日本の秋を代表する花に相応しい品位と美しさがある。
 しかし、ほとんど倒れたような形で斜めに伸びているため、昔から、リンドウは仏様の花(仏壇に供える花)にもならないと言われた。
 だが、たまに庭に移植されたリンドウを見るが、筆者には、どこかリンドウらしからぬ風情を感じてしまう。リンドウはやはり、野にあって草むらに、それとなく咲いているものが最上に思われる。
 秋には葉の紅葉したリンドウも見かける。〔下写真〕

 (写真2004.10.28 落合)


              春の様子

  写真2009.4.29 下石黒

           夏の頃の草姿

写真2013.7.6下石黒

        裂片の間の副裂片

写真2005.10.19 寄合

     花の形と花筒より長いガク

写真2004.10.15落合

      さく果と種子

写真2009.11.28板畑 政栄
※種子(上写真)に翼がある

    やや肥大する根

写真2009.5.9下石黒

      晩秋のリンドウ(黄葉はチゴユリ)

写真2008.11.8下石黒

   紅葉したリンドウ

 写真2005.10.28 寄合

             初冬の様子

写真2009.11.24上石黒高床
解 説
リンドウ科
 本州から九州の山野に普通に見られる多年草。日本だけで50種が認められるという。
 根茎は淡黄色でやや肥大して長くのび、多数のひげ状の根をつる(左下写真)
 茎は倒れたような状態で斜め上に伸びるものが多い。長いものは80pにも及ぶ。
 葉は互生し柄はなく、茎を抱き3条の縦に走る脈が目立つ(下写真)包葉は細くて小形(左下写真)
 花期は9〜11月。茎の頂または上部の葉のつけ根に紫色の筒状の花をつける。茎の頂には5〜6個かたまってつく。
 ガクが5裂し裂片は細く尖りやや反り返って筒部よりも長い(左下写真)
 花は鐘状で5裂し裂片の間に更に副裂片がある(左下写真)。雄しべ5本、雌しべ1本(下写真)
 さく果は細長く、熟すと2片に裂ける。下に残存するガクと花冠をつけている〔左下写真〕
 種子には小さながある〔左下写真〕
 名前の由来は、根や茎が非常に苦く熊の胆に勝り、竜の胆ほど苦いという意味の「竜胆」が変化したものという。
 ちなみに、リンドウは源氏とゆかりの深い家紋の模様で、源義経や木曽義仲、さらに、江戸時代には清和源氏ゆかりの武家が用いた。



     ブナ林床の幼苗

写真2013.6.29下石黒

     春のリンドウ
写真2009.5.4上石黒

    葉の3条の脈

写真2008.10.21 落合

        つぼみ
写真2013.10.10落合

       包葉

写真2004.10.15落合

       花の中

写真2008.10.21 落合

      5個のおしべ

写真2004.10.15落合

     野菊とともに

写真2009.10.14上石黒