山中村庄屋文書解読参照資料


※本資料は市立図書館に寄贈された山中村村庄屋文書(7000点余)の整理作業にあたり
文書で裏付けられる山中村における歴代の庄屋の任期を表したものす。なお、当該文書
番号を明記した詳細資料(DVD収録)は市立図書館の古文書資料室に保管されています。

 
年号 干支   西暦 庄屋  郷土の歴史事項 県・国の歴史事項   関連資料・古文書等 

元亀 4

天正 1

癸酉

1573

7.28-

 

 

 

 

 

 

〃  2

甲戌

1574

 

 

 

 

〃  3

乙亥

1575

 

 

 

 

〃  4

丙子

1576

 

 

 謙信、信長と絶ち本願寺と和す 

〃  5

丁丑

1577

 

 

 謙信、湊川で織田軍を破る 

〃  6

戊寅

1578

 

 

・謙信死去(49才) 
・上杉景勝、春日城実城にはいり景虎と争う
・景虎春日城を出て上杉憲真政の御館城に拠る
・武田勝頼、越後に入る 景勝、勝頼と和す
・武田勝頼の斡旋で景勝、景虎の和議成る。
・景勝と景虎の和議破れて勝頼は甲斐に帰る
・北条氏照、越後に侵入し景勝方の坂戸城を攻める
 

〃  7

己卯

1579

 

 

 ・上杉憲政殺され、景虎、鮫ケ城に逃れる
景虎自殺す
 

〃  8

庚辰

1580

 

石塚家初代忠右衛門誕生

 ・ 本庄秀綱の栃尾城落ちる
三条城将神余親綱、部下に殺され落城
 


〃  9

辛巳

1581

 

 

  

 

〃  10

壬午

1582

 

 

 

・本能寺の変 信長死去

・秀吉の検地始まる(太閤検地→石高帳作 成)
・景勝北信4郡を領す

 

   11

癸未

1583

 

 

  ・秀吉、景勝に誓書を送る 

   12

甲申

1584

 

 

・景勝、秀吉に人質(養子の義真)を送る
・景勝、秀吉と呼応し、越中の佐々成政を攻 める  
 

   13

乙酉

1585

 

 

  

 

   14

丙戌

1586

 

 

  ・景勝上洛して大阪城で秀吉に閲し、従4位 下左近衛少将に任ぜられる
 ・景勝、佐渡国仕置きを命じられる
 

   15

丁亥

1587

 

 

  ・景勝、新発田城をおとしいれ、新発田重家 を斬る 

   16

戊子

1588

 

 

 ・景勝、再度上洛し、参議・中将・従3位に任 じられる 

 

   17

己丑

1589

 

 

  ・景勝、秀吉の北条氏討伐に参加、関東出  兵
 ・景勝、佐渡国の本間氏を討伐し平定する
 

   18

庚寅

1590

 

 

 ・秀吉全国統一
 ・秀吉、景勝と大谷吉継を羽前大宝寺氏領、並びに庄内3郡の検地奉行とする
・出羽の仙北・秋田・由利・庄内などの一揆蜂 起、景勝、前田利家・最上義光らとともにこ  れを平定する
 

   19

辛卯

1591

 

 

 ・景勝、秀吉の命により分国中に京枡(1升= 10合)を用いる  

〃  20

文禄 1

壬辰

1592

12.8-

 

 

 ・景勝、朝鮮出陣のため越後を発し朝鮮釜石に上陸
・景勝、佐渡国の検地をおこなう
 
 

 

  

 

〃  2

癸巳

1593

 

 

  

 

〃  3 

甲午

1594

 

 

 

・景勝、伏見城外堀普請を命ぜられる

 

〃  4

乙未

1595

 

 

 秀吉の越後検地 

〃  5

慶長 1 

丙申

1596

10.27-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

丁酉

1597

 

 

  


 

〃  3

戊戌

1598

 

 

 秀吉死去 

〃  4

己亥

1599

 

 

  

 

〃  5

庚子

1600

 

 

 関ヶ原の戦い  

〃  6

辛丑

1601

 

 

  

 

〃  7

壬寅

1602

 

 

  

 

〃  8

癸卯

1603

 

 

 

家康征夷大将軍となる

 

〃  9

甲辰

1604

 

 

  

 

〃  10

乙巳

1605

 

 

 家康将軍宣下 

   11

丙午

1606

 

 

  

 

   12

丁未

1607

 

 

  

 

   13

戊申

1608

 

 

  

 

   14

己酉

1609

 

 

  

 

   15

庚戌

1610

 

 

  

 

   16

辛亥

1611

 

 

  

 

   17

壬子

1612

 

 

  

 

   18

癸丑

1613

 

 

  

 

   19

甲寅

1614

 

 

  

 

〃  20

元和 1

乙卯

1615

7.31-

 

 

 

大阪夏の陣、豊臣氏滅亡 一国一城令

 

 

  

 

〃  2

丙辰

1616

 

山中、岡野町、高尾、石黒、牧野忠成領となる

 

●高田城主松平忠輝改易

●酒井家次 高田城主となる

●牧野忠成 頸城郡長峰(吉川町)城主となる

 

〃  3

丁巳

1617

 

 

  

 

〃  4

戌午

1618

 

〇2代忠兵衛妻マサ生まれる。

〇2代忠兵衛生まれる(初代忠右衛門の長男)

 

●松平忠昌 高田城主となる

 

〃  5

己未

1619

 

 

  

 

〃  6

庚申

1620

 

 

  

 

〃  7

辛酉

1621

 

 

  

 

〃  8

壬戌

1622

 

 

  

 

〃  9

癸亥

1623

 

 

  

 

〃  10

寛永  1

甲子

1624

2.30-

 

 

  

 

高柳全村・石黒全村が松平光長領となる

●松平光長高田城主となる 

〃  2

乙丑

1625

 

 

  

 

〃  3

丙寅

1626

 

 

  

 

〃  4

丁卯

1627

 

 

  

 

〃  5

戊辰

1628

 

 

  

 

〃  6

己巳

1629

 

 

  

 

〃  7

庚午

1630

 

 

  

 

〃  8

辛未

1631

 

 

  

 

〃  9

壬申

1632

 

 

  

 

〃  10

癸酉

1633

 

 

  

 

   11

甲戌

1634

 

 

  

 

   12

乙亥

1635

 

 

  

 

   13

丙子

1636

 

 

  

 

   14

乙丑

1637

 

 

 

島原の乱(〜38)

 

   15

戊寅

1638

 

 

  

 

   16

己卯

1639

 

 

キリスト教厳禁 

   17

庚辰

1640

 

 

  

 

   18

辛巳

1641

 

 

  

 

〃  19

壬午

1642

 

〇3代目徳兵衛妻テイ誕生

  

 

   20

癸未

1643

 

 

 

田畑永代売買の禁令

 

〃  21

正保 1

甲申

1644

12.16-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

乙酉

1645

 

 

  

 

〃  3

丙戌

1646

 

 

  

 

〃  4

丁亥

1647

 

 

  

 

〃  5

慶安 1

戊子

1648

2.15-

 

 

  

 

 

  

 

慶安 2

己丑

1649

 

 

 

慶安触書布達

 

〃  3

庚寅

1650

 

 

  

 

〃  4

辛卯

1651

 

 

  

 

〃  5

承応 1

壬辰

1652

9.18-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

癸巳

1653

 

 

  

 

〃  3

甲午

1654

 

 

  

 

〃  4

明歴 1

乙未

1655

4.13-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

丙申

1656

 

高柳のうち所々を新田検地

  

 

〃  3

丁酉

1657

 

〇3代徳兵衛誕生(2代忠兵衛長男−初代庄屋)

  

 

〃  4

万治 1

戊戌

1658

4.25-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

己亥

1659

 

 

  

 

〃  3

庚子

1660

 

 

  

 

4

寛文 1

辛丑

1661

4.25-

 

〇初代忠右衛門死去82才

  

 

〃  2

壬寅

1662

 

 

  

 

〃  3

癸卯

1663

 

 

  

 

〃  4

甲辰

1664

 

 

  

 

〃  5

乙巳

1665

 

 

  

 

〃  6

丙午

1666

 

 

  

 

〃  7

丁未

1667

 

 

  

 

〃  8

戊申

1668

 

 

  

 

〃  9

己申

1669

 

 

  

 

〃  10

庚戌

1670

 

 

  

 

   11

辛亥

1671

 

 

  

 

   12

壬子

1672

 

 

  

 

   13

延宝  1

癸丑

1673

9.21-

 

村山善兵衛正信庄屋役を買収し岡野町庄屋となる

 

分地制限令(農民の零細化を防ぐ)

延宝の凶作飢饉(〜3)

 

 

  

 

〃  2 

甲寅

1674

 

 

  

 

〃  3

乙卯

1675

 

 

  

 

〃  4

丙辰

1676

 

〇4代忠右衛門妻ヨシ誕生

  

 

〃  5

丁巳

1677

 

 

  

 

〃  6

戊午

1678

 

 

  

 

〃  7

壬戌

1679

 

 

越後騒動起こる(〜1681)   

〃  8

庚申

1680

 

 

  

 

〃  9

天和 1

辛酉

1681

9.29-

 

高柳・石黒全村幕領となる

 ●松平光長改易 

 

  

 

〃  2

壬戌

1682

 

 

  

 

〃  3

癸亥

1683

 

高田藩領の検地行われる

天和検地帳作成

 天和検地 

〃  4

貞享 1

甲子

1684

2.21-

 

天和検地名寄帳作成

  

 

〇4代忠右衛門(徳兵衛長男)誕生(5.3)

  

 

〃  2

己巳

1685

 

 

 

生類憐みの令 (〜1709) 

●稲葉正通、高田城主となる

 

〃  3

丙寅

1686

 

栃ケ原以外の高柳・石黒全村が高田領となる

黒姫山麓入会について岡野町・岡田論争する

栃ケ原村の庄屋と惣百姓が年貢米について出入りに及ぶ

  

 

〃  4

丁卯

1687

 

 

  

 

〃  5

元禄 1

戊辰

1688

9.30-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

己巳

1689

 

男山七ッ釜地内で高尾村と漆島村出入りに及ぶ

松尾芭蕉、越後を通る 

〃  3

庚午

1690

 

 

  

 

〃  4

辛未

1691

 

〇忠兵衛妻マサ死去74才

 

  

 

〃  5

壬申

1692

 

 

  

 

〃  6

癸酉

1693

 

〇2代忠兵衛死去77才

  

 

〃  7

甲戌

1694

 

 

  

 

〃  8

乙亥

1695

 

〇5代徳兵衛(3代徳兵衛三男)誕生

  

 

〃  9

丙子

1696

 

 

  

 

〃  10

丁丑

1697

 

 

  

 

〃  11

戊寅

1698

 

 

  

 

〃  12

己卯

1699

 

石黒村、宗門人別五人組帳を作る

  

 

〃  13

庚辰

1700

 

 

  

 

   14

辛巳

1701

 

 

●戸田忠真、高田城主となる 

   15

壬午

1702

 

〇5代徳兵衛妻マツ誕生

  

 

   16

癸未

1703

 

 

柏崎陣屋島町に移る 

   17

宝永  1

甲申

1704

3.13-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

乙酉

1705

 

〇3代徳兵衛死去 49才

  

 

〃  3

丙戌

1706

 

 

  

 

〃  4

丁亥

1707

 

〇4代忠右衛門死去 23才

  

 

〃  5

戊子

1708

 

〇3代徳兵衛妻テイ死去

  

 

〃  6

己丑

1709

 

 

春日騒動起こる(柏崎春日村) 

〃  7

庚寅

1710

 

岡野町、高尾、門出、栃ケ原、山中、石黒は幕領。岡田、漆島、荻ノ島は高田藩領

●松平定重、高田城主となる 

〃  8

正徳 1

辛卯

1711

4.25-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

壬辰

1712

 

 

  

 

〃  3

癸巳

1713

 

 

  

 

〃  4

1714

 

 

  

 

〃  5

乙未

1715

 

 

  

 

〃  6

享保1

丙申

1716

6.22-

 

 

徳川吉宗 享保の改革(〜1745) 

 

  

 

〃  2

丁酉

1717

 

 

  

 

〃  3

戊戌

1718

 

〇岡野町村・高尾村惣百姓と岡野町村庄屋と年貢について論争

  

 

〃  4

己亥

1719

 

 

  

 

〃  5

庚子

1720

           市郎兵衛
 

〇岡野町村庄屋藤右衛門と村方との論争、長百姓5人にて庄屋役を代行。広済寺、西照寺、大光寺(水上村)の仲裁にて内済和睦

宮川四郎兵衛の指揮下、中ノ坪用水完成と開田

  

 

〃  6

辛丑

1721

 

人口調査開始 

〃  7

壬寅

1722

 

 

上げ米令 年貢が検見法→定免法

 

〃  8

癸卯

1723

 

  

 

〃  9

甲辰

1724

岡野町、高尾、門出、栃ケ原、山中、石黒の幕領を牧野長岡藩領とする。他村は松平高田藩領

  

 

〃  10

乙巳

1725

 

  

 

   11

丙午

1726

               甚五衛門       

 

  

 

   12

丁未

1727

 

  

 

   13

戊申

1728

 

  

 

   14

己酉

1729

 

  

 

   15

庚戌

1730

 

  

 

   16

辛亥

1731

 

  

 

   17

壬子

1732

〇宮川四郎兵衛、山中、栃ケ原境に所有する耕地の境界について出入り

享保の飢饉 (バッタ被害による西国の大飢饉 餓死者12000人余) 

   18

癸丑

1733

栃ケ原村で山崩れ起こる(土はし峰部分より武納川にかけて)

  

 

   19

甲寅

1734

〇6代忠太夫政則誕生(栃ケ原長谷川仙右衛門の子)

〇6代忠太夫妻貞誕生

  

 

   20

丁巳

1735

 

  

 

〃  21

元文  1

乙卯

1736

4.28-

〇4代忠右衛門妻ヨシ死去60才

  

 

 

  

 

    2

丁巳

1737

 

  

 

    3

戊午

1738

 

  

 

    4

己未

1739

 

  

 

    5

庚申

1740

 

 

  

 

    6

寛保 1

辛酉

1741

2.24-

 

栃ケ原村、幕領から白河領となる(他村は従前どおり)

●高田藩主松平定賢白河移封。代わって榊原政永高田入封。栃ケ原村のみ白河領に変わる 

 

  

 

〃  2

壬戌

1742

 

 

白河領陣屋 柏崎大久保に建つ 

〃  3

癸亥

1743

 

 

  

 

〃  4

延享 1

甲子

1744

2.21-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

乙丑

1745

 

 

  

 

〃  3

丙寅

1746

 

 

  

 

〃  4

丁卯

1747

 

 

  

 

〃  5

寛延1

戊辰

1748

7.12-

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

己巳

1749

 

 

  

 

〃  3

庚午

1750

 

 

  

 

〃  4

宝暦 1

辛未

1751

10.27-
























徳兵衛


 

 

宝暦地震(上越高田) 

 

  

 

〃  2

壬申

1752

 

  

 

〃  3

癸酉

1753

 

  

 

〃  4

甲戌

1754

 

  

 

〃  5

乙亥

1755

 

  

 

〃  6

丙子

1756

 

  

 

〃  7

丁丑

1757

 

  

 

〃  8

戊寅

1758

 

  

 

〃  9

己卯

1759

 

  

 

〃  10

庚辰

1760

〇5代徳兵衛死去66才

  

 

・(庄屋徳兵衛名文書112-2128) 

〃  11

辛巳

1761

〇後妻ヨシ誕生

〇7代常右衛門政忠誕生(6代忠太夫長男)

  

 

〃  12

壬午

1762

 

 

  

 

〃  13

癸未

1763

 

 

  

 

〃  14

明和  1

甲申

1764

6.2-

 

 

  

 

 

  

 

 

  

 

〃  2

乙酉

1765

 

 

  

 

〃  3

丙戌

1766

 

 

  

 

〃  4

丁亥

1767

 

指杉并松苗粟種附御尋書上帳あり(山中庄屋文書)

田沼意次、側用人となる(田沼時代〜86) 

〃  5

戊子

1768








































忠太夫 

 

  

 ・(庄屋忠太夫名文書112-2159) 

〃  6

己丑

1769